床屋さんの話

未分類

僕が行く床屋さんはとても人気があります。

とくに「おしゃれ」ということはないのですが約2000円とリーズナブルです。

同じ安い床屋さんでも1000円カットと比べると丁寧でいい感じなのです。 

 

予約制度が無く、休日の朝はすごく混んでいて10人くらいは平気で並んでいます。

平日でも朝は並んでいたりしますが、午後になると並ばなくてもいいくらいになります。

でも、床屋さんってなんで朝混むんだろう?という疑問がわきました。 

 

ネットで調べると答えがわかるかもしれないですが、まずは予想してみました。

「朝早い時間に髪型を決めてからどこかへ出かけるから」

「早い時間にさっぱりすると気分がいいから」

「中年男性は早起きだから」

あまりピンとこないですが、他の理由も思い浮かびません。

 

そして、ネットで答えを探してみました。

・午後になると床屋が疲れて腕がおちるから

・昼は暑いから

うーん、ちょっとどうでしょうか?

これなら自分で考えた理由のほうがあっているかも。

 

結局真相はわからなかったのですが、床屋と美容室の定休日の理由を知りました。

終戦直後の電力需給の名残だそうです。

終戦後には休電日というものがあって、それが月曜日とか火曜日だったためだとか。

 

今年の夏も電力がひっ迫すると言われているので

親近感がわいたというか、少し心に残りました。

 

16308歩

70.7kg

コメント

タイトルとURLをコピーしました